助産師 三浦ひろみ大阪市西区を中心に出張で
母乳育児相談、おっぱいマッサージをしている
助産師 三浦ひろみ です。

産後のママからのご質問。

ようやく2ヶ月やっとやっと、赤ちゃんの様子がわかりかけて来た頃、
ママ自身の、手首、肩、腰が痛くなってきました。

骨盤ケアっていうのは何するの?
骨盤矯正とエクササイズ、維持する方法を伝えます。

本当の骨盤矯正って?

骨盤が歪むと内臓も下垂気味に。
骨盤は内臓を受けとめる大きな役割がある。
前傾しすぎると、その周囲の筋肉だけでは内臓を支えきれず、下垂し、前へでてぽっこりお腹に見えます。血流や代謝にも影響し、結果的に

太りやすくなっちゃいます。

助産師の骨盤ケアって何するの?

ベルトさえ巻いてたらいいの?
矯正して一時的に元に戻るかもしれませんが、
同時に腹筋、腸腰筋の運動を行わないと
改善したとはいえず。

骨盤ベルトを巻いた時点で満足してしまうのは怖い。

あくまで、
骨盤矯正と同時に正しい運動を繰り返し行い、維持でき、
骨盤矯正した実感
がえられる。

内臓が戻ると、全身の骨格が整い
姿勢が改善、痩せてみえる
実際体重変化なくても、痩せてみえることあり。

姿勢がよくなると、周囲の筋肉、関節に余計な負荷がかからなくなり、体の使い方が変化。
その状態で運動すると、代謝があがり、
シェイプアップ、立ち姿、
歩く姿勢が美しい。

日常生活上、骨盤を意識して立てるだけでも、腹圧があがり、姿勢がよくなり、
体のラインが変化。

◇骨盤矯正
◇正しいエクササイズ

は必須ですね。

運動は中々一人で継続が難しい。
皆でワイワイしながら、教室で実施しています。

投稿者プロフィール

三浦ひろみ
三浦ひろみ三浦助産所・Miu美容カイロプラクティック 代表、助産師
産前産後の方を対象におっぱいマッサージ、母乳育児相談、ベビーマッサージ、骨盤矯正ダイエットの提供を通して「自分らしい子育て」をサポートする専門家。
助産師&母子のトータルケアコンサルタント。
1970年大阪府大阪市出身。

看護学校卒業後、大学病院に入職。
外科.ICU 看護師の時、阪神大震災にて、自宅が全壊。
人生の意味や本質について考え直すようになった。

一念発起して助産師学校へ。
卒業後、地域の『お産の病院』の総合病院へ転職。
地域活動での母子ケアを始める。

一人一人が自分らしく自信をもって育児ができる環境づくりと問題解決できる継続したケアが大切だと思っています。
子ども・子育てプラザ、個人クリニック、区民センターにて母子の教室を開催中。
『元気に美しく!』『どの人も自分らしく輝ける』をモットーに、三浦助産所を開業し自宅出張、サロンにて日々母子ケアにいそしむ。

お問い合わせ:090-8387-3320(9:00-17:00)